プロフィール

 

代表: 田中 文世 (たなか ふみよ)

 

1966年 愛媛県生まれ。

大学卒業後 ㈶松下政経塾に第十期生として入塾。

農をきっかけに 環境問題 ひいては 個人(の意識と行動)と社会の関わりに関心を持ち、在塾中は 秋田県大潟村の有機農家や 企業の社会的責任を調査するニューヨークのNPO 環境問題をテーマとする日本のシンクタンクなどでの研修の機会を与えていただきました。

 

卒塾後は フリーランスライターとして 農業・環境問題・心身の関係・住まい・新しいライフスタイル・企業や個人の社会的責任などをテーマに 個を核とした次代の新たな価値観を模索し、『地域から日本を変える』(*松下政経塾の機関誌。廃刊)や『週刊金曜日』 ベネッセコーポレーション高校生講座の会員誌などで執筆。その間 まちづくりのNPOや 日本の伝統的な手仕事(*民藝の延長線上のものとしての)を育む活動 よりよい住まいをつくる活動などにも 関わってきました。

 

2004年から自らの内面に向き合い、人の意識や精神的な領域と現実の社会のつながりを 実体験として理解しつつ 現在に至ります。

 


[2012年5月18日 記す]